「一頭の牛だった」

明日、あさひちゃんが市場に売られる日。

あさひちゃんは、私が名付けさせてもらった初めての牛さん。

あさひのような

私が名付けさせてもらった農家さんは子牛の「繁殖」のための農家さん。

明日市場に出て、この後10ヶ月〜1年半程、
「肥育」の農家さんによって育てられて、いわゆるお肉になる。

今年の2月、早朝に生まれた子。
765F8AA3-BA93-41B8-8CA1-1F585E62CE2E

A1933897-69DA-46E4-A4D3-98AE8E4D9463

C29B0B0F-DB3A-4657-88AD-FDB302BB82C6
とっても人懐っこくて、

当時ニセコにいながら顔を直接見る前に名付けし
少し経ってから初めて会えた日、

群れの中にいるあさひちゃんを見つけて嬉しくて
小さな声で「あさひちゃん」と呼びかけてみたら、

さぐりさぐりお母さんの影から近寄ってきてくれた。

313F7905-0C8C-4426-801E-5B1666832749
とてもおてんばちゃんで、
ある月齢が来て乳離れのためにお母さん牛と離したら
逃げて逃げて、

柵を強化するのと、あさひちゃんが脱走するのとが、
追いかけっこのようだったと聞いていた。

 

A1793773-C070-4992-959E-0A5142C3A9F7
そしてお母さん牛と会えなくてしょんぼりしているあさひちゃん。

https://www.instagram.com/p/BVlDR85nQnd/?hl=ja&taken-by=nakazawanouen

夏、直接会えなかった頃、動画を見て心から癒されていた。

 

「一頭の牛だった」

寒い寒い雪のなか生まれて、
一生懸命生きるために飲んで、食べて、
お母さん牛に会いたくて脱走したり、
かきかきしてほしくて懐いたり。

とても当たり前のことだけれど、

そんな「一頭の牛」だった子が、

お店で「牛肉」として買えるお肉の元なんだな。

そりゃ、「頂きます」だわ。

 

4AE2002A-5E6C-4B37-A98C-E66F43B63EAE

肥育の農家さんのところに行ったあとも
かきかきしてくれる人がいてくれたらいいなとちらりと願いつつ。

第一次産業の現場を知ったあとでも、
可哀想だなんて思って食べないという選択はしないで
ちゃんと美味しく食事をしなければならないなと思う。

大切に頂こう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中